指だけでバストアップが期待できるツボ押し!

バストアップをするにはグッズを駆使したりマッサージをしたりしなければならない、そんなイメージがあるかもしれません。

しかしグッズを買っても効果がなかったらどうしようと思ったり、手の込んだマッサージは毎日続けられるか不安に思ったりと何かと悩みがつきまとってしまうものですね。

そんな方でも簡単に取り組めるバスアプリの方法がそう、ツボ押しです。

ツボを押すと得られる効果

バストアップでツボ押しと聞くと、一体どこにどのように作用するんだろうと思ってしまうでしょう。

実はツボを押すことで体の巡りを良くすることが、バストアップへと繋がるのです。

そもそもバストアップには女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が必要です。

そしてエストロゲンはリンパ節や血管を通って運ばれていきますので、血流の促進もまた必要となります。

バスト付近にはこれらを改善するツボがあるため、そこを押してあげることで血流を良くしてエストロゲンを効率的に循環させることができるようになりバストアップができる、そんなメカニズムなのですね。

バストアップの基本のツボ

まずバストアップが期待できる基本のツボに『だん中(だんちゅう)』というものがあります。

このツボは左右の胸の中間あたりにあるツボで、高さはちょうど乳首のあたりです。

だん中には女性ホルモンの分泌を促進させる効果はもちろん、ストレス緩和や生理痛の軽減など女性に嬉しい効果が期待できます。

皮膚が薄いので少し痛みを感じやすい部位ですが、あまり強く押しすぎないようにして、息を吐くタイミングで数回押してあげましょう。

乳腺を刺激するならこのツボ

次は『天溪(てんけい)』です。

こちらは乳首の外側の延長線上にあるツボで、脇の下にあります。

ここを押してあげると乳腺を発達させる効果が期待できるため、バストアップの期待も高まるでしょう。

大胸筋周りの血流改善のツボ

バストアップを目指すには大胸筋周りのケアも必要です。

そのため『中府(ちゅうふ)』という、鎖骨の外側から親指幅分下の腕の付け根にあるツボを押しましょう。

ここを押すことで大胸筋のリンパや血流を促進し、バストアップ効果はもちろん、乳腺炎の改善や肩こりなどの改善に作用してくれます。

習慣づけて目指せバストアップ!

この他にもたくさんのツボがあります。

ツボ押しは自分の指さえあればいつでもできるため、お金をかけずにバストアップをしたいという方にはとてもおすすめの方法です。

しかし調子に乗ってたくさん押したり強く押してしまうと逆に体に良くない場合もあるため、回数や強さには注意をする必要があるでしょう。

正しいツボ押しを続けてハリのある美バストを目指しましょうね!